どんな動物でも診てもらえるとは限らない?爬虫類や古代魚などはどこで診てもらえるの?

動物病院の定義とは?

動物病院とは、獣医療法第2条第2項に定められている獣医師が飼育動物の診療を行う医療機関のことを言います。犬猫病院と呼ばれることが多いように、一般的に診療できるのは、犬や猫が中心となります。人間の病院の場合は、「呼吸器科」や「眼科」、「皮膚科」などと専門が分かれていますが、動物病院の場合は動物に関して全般的に診療するのが一般的です。動物病院が持つ設備としては、手術室や入院室、レントゲン設備、顕微鏡、滅菌器、血液検査装置などがあります。高度な医療を提供する動物病院では、MRIスキャンやCTスキャンを導入しているところもあります。ただし、動物病院は全国に11259病院あると言われていますが、これらの病院全てが爬虫類や古代魚の診療を行っているわけではありません。

爬虫類や古代魚を診てくれる病院を見つけるには?

爬虫類や古代魚の診療をしてくれる病院を探すには、「エキゾチックアニマル動物病院」を探すと良いでしょう。エキゾチックアニマルと掲げている動物病院の場合は、鳥類や爬虫類、古代魚などを見てくれる可能性が多いです。なお、エキゾチックアニマル専門病院の場合は、他にもうさぎやフェレット、ハムスターなどの診療も行っていることが多いです。参考までに、エキゾチックアニマルの定義としては、伴侶動物として飼育されている特殊な動物のことを言います。主に海外から輸入されて飼育されている動物を指し、犬や猫以外の動物や爬虫類などを指します。古代魚の場合は、獣医の間では外来魚と呼ばれることが多いため、古代魚の診療ができるかどうか確かめるには外来魚の診療ができるかどうかを確認すると良いでしょう。